最近では、巡回健診を採用する企業が増えています。
健康診断を、より多くの人が受けることで、予防医学も浸透してきています。
巡回健診で受けることができるメニューいは、人間ドック、子宮頸・乳癌などの健診もあります。
生活習慣病の改善のアドバイスなども受けることができます。
企業は、巡回健診によって、従業員の病気予防につなげることができています。

巡回健診により、健康診断を受ける場合は、一定の条件が必要です。
それは、巡回健診がバスを利用する必要があるためです。
そのため、バスが入る駐車場が必要になります。
また、健診をするためのスペースが必要になります。
机や椅子も、企業内で準備する必要があります。
健康診断を企業内で多くの人が受けることで、予防医学を発展させることにもつながります。

巡回健診は、企業にとって多くの利点がある方法です。
企業の経営資源は、「ヒト、モノ、カネ」と言われ、その中でもヒトは特に重要視されます。
健康健診は、従来の来院型の健康診断と異なるところが幾つかあります。

まず、病院に直接行く必要がありません。
病院に直接行く必要がないため、時間のない従業員でも健診を受けれることは、前述の通りです。
従業員を多く抱える企業の場合は、病院に予約するのが困難なことが多いといえます。
巡回健診であれば、予約に困ることもありません。
また、従業員のほとんどが、健診を受けることができ、誰が受診したかを管理することができます。
時間の節約にもなるため、利用する企業が増えています。
予防医学にとっても、とても意味のあるものです。

最近では、予防医学の重要性が高まってきています。
欧米では既に、予防医学が発展しています。
日本は、今のところまだ発展途上だといえます。
その中で、巡回健診の増加は、日本の予防医学にとってもプラスになっています。

予防医学とは、病気にならないようにするための予防を目的とした治療のことをいいます。
人間の身体も、歳を重ねることで、老化していきます。
老化を防いだり、生活習慣を見直すことで、病気を防ぐことができます。

現在でも、治療医学では直すことが難しい病気も多くあります。
癌患者は、年々増加しており、完治するのが難しい病気です。
また、生活習慣病にかかる人も増加しています。
現代の不規則な食生活、睡眠などにより、身体に不具合が生じることも少なくありません。
予防することができれば、治療も必要なくなってくるのです。
また、制度の問題もあります。

日本の社会保障制度では、今後の高齢化社会を乗り切ることが難しくなっています。
医療費と、介護費の負担が増える一方で、少子化による納税者の不足は危惧されています。
医療費が上がっていくことも考えられ、病気の予防をする必要が出てきています。
健康診断の重要性が高まっているのもそのためです。

最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年1月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031